2017年08月02日

ああもう!

8月やんか!

本業が忙しくてなかなかblogを触れないYASU-Qでございます。

気がついたらもうすっかり盛夏。毎日の照りつける暑さで既にヘロヘロですが,皆様は大丈夫ですか? 

さて7月のステージの動画,第二弾はオープニングに演奏させてもらったオリジナル2曲です。

1曲目は「戦車の入場」。このblogのタイトルが「音楽戦車」となっているのは皆様ご存じの通り。それをもじった我々のステージの定番オープニング曲です。

「九九五式」と打ち込んで検索してもらうと(よければ実際にやってみて下さい),「九五式軽戦車」「九五式戦闘機」「九五式野砲」など旧日本軍の兵器がずらっと出てきます。

ただ,九九五式の3人は決してミリタリーおたくではなく,むしろ筋金入りの平和主義者です。戦うべきものと戦い,守るべきものは守る。時には「戦わないこと」こそが真の戦い。それが我々の思いです。

政治的な話は避けますが,そういう我々の反戦と平和への願いを込めたひぐQ作の曲がこの「戦車の入場」。

そして2曲目がYASU-Q作の「ノスタルジック・スカイ」。この曲も強力な反戦の曲です。

ステルスよりも,イージスよりも,小型空母よりも,極彩色の飛行船や黄色い潜水艦を。こんな戯れ言を自由に口に出来る平和な日常を子供達に。そんな曲です。



我々3人はこの国が大好きです。だからこそ,どんなに暑くても平和な夏を。今年も。来年も。ずっと。

posted by YASU-Q at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | デモ音源&動画

2017年07月23日

夏が来た,動画が来た

暑くて溶けそうな夏がやってきちゃいましたね。

ライブ終了後の達成感といいますか,虚脱感といいますか(笑)。既に夏バテのような,何だか気怠い日常を送っているオジさん達です。

ということで動画のご紹介も遅くなってしまいましたが,まずは今回最も評判の良かったインプロの「ゴジラのテーマ」を含む動画からご紹介。


最初はクリムゾンの「21世紀のスキッツォイドマン」ですが,相変わらずスピードが走り過ぎてて何をやってるのかよく分からない(笑)。特に4:07あたりからのキメの部分は飛ばして聴くのがお勧めです。

ゴジラのテーマは4:50辺りから。ここまで飛ばして下さい。飛ばして下さいね!(笑)



イントロはひぐQのタム回しにsin5の「ゴジラギター」が絡んで開始。

ギターがお馴染みのゴジラのテーマを奏で,ベースがクリムゾンのシーケンスギターっぽくわざと拍をずらしながらこれに合わせます。

後はもうインプロですから「その場限りの」緊張感あふれる音の洪水に突入。

お客さん誰もがみな今回のステージで「ゴジラが一番良かった」とおっしゃる迷演をお楽しみ下さい。

posted by YASU-Q at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | デモ音源&動画

2016年11月09日

九九五式@ブランニュー動画できました!

みなさまお待たせしました!

先月23日のブランニューのライブ動画ができました。

その1

1. 戦車の入場 (Original)
2. 傘がない (井上陽水)
3. 21st Century Schizoid Man (King Crimson)
4. Elephant Talk (King Crimson)

--------------------------------------------------------------

その2

1. Fly Me To The Moon (Jazz Standard)
2. Fallen Angel (King Crimson)

いい加減,歌詞覚えようね(笑)。
またハナモゲラ語になってるよ。


--------------------------------------------------------------

その3


1. Roxanne (The Police)
2. Larks' Tongues In Aspic, Part II (King Crimson)

オリジナル曲"Winter Dream"の録音が途中で切れちゃってるので今回は割愛しました(泣)。


posted by YASU-Q at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | デモ音源&動画

2016年06月15日

霊障?(笑)

YASU-Qです。7月9日のライブをひかえ,なにわのオッサン三人組は先週末もスタジオにこもっていました。

ただ,今回のスタジオ入りの主目的はライブに向けての練習というよりも,あるコンテストに応募するための「動画撮影」でした。

このコンテスト,無事に1次審査を通過できたら,ネット投票がありますので,みなさまぜひご投票をよろしくお願いします。その辺りはまたその時にこのblogでご案内します。

※コンテストの公式サイトはこれ。まだ応募段階なので動画は見られません。


で,その動画撮影の話なんですがね。

動画の中で演奏する曲は,今度のライブでご披露予定の新曲。この半年間ずっと練習を重ねて来たという例のバラード系の曲です。

静と動,叙情性と暴力性,ソフトとハードの対比が鮮やかで,拍子の変化などいかにもプログレっぽいところがある曲。我々3人の得意なところをうまく発揮しつつ,しかも曲としてまとまっており,それなりに一般受けしそうな曲...コンテストに出すならこの曲をおいて他にない。

ということで,スタジオライブっぽい雰囲気で演奏してるところを,自分達で三脚立てて撮影することにしました。


しかし,演奏の動画撮影というのが意外に難しい。

録音でも多少は緊張しますが,スタジオ内でカメラが立ってるのが視界に入ってしまうと,どうしてもそっちを意識してしまってさらに緊張してしまう。力が入ってしまう。

前回のスタジオで試し撮りをしたら,光の当り具合がうまく行かずsin5の顔だけ真っ暗になってたので,今回は撮影用の照明まで用意しました。これがまたさらに緊張感を煽ってくれる。

しかも6分もある曲だし,所詮はアマチュア,なかなか1曲を通じてノーミスというのが難しい。ガチガチに緊張してるもんだから,誰かがどこかでミスをしたり,3人の息が合わなかったり。

撮り直しを何度も重ねて,やっと致命的なミスのないテイクが撮れました。


SnapShot5.jpg
*撮影中のスナップ:何でこのオッサン達こんなに楽しそうなの?


と思ったら。

家に帰ってPCの大きい画面で確認すると,まあ何ということでしょう,演奏に合わせて空間がぐにゃぐにゃ伸縮してるような,実に不気味な動画になってるではありませんか。

そのぐにゃぐにゃ度合いと言えば,そりゃもう心霊動画顔負けの気持ち悪さ。スタジオの空間自体が歪んでいる。霊障だよ霊の仕業,このスタジオって昔,何か事件でもあったの?っていうぐらい。

今回はいくつかのカメラを試した末にiPhoneを使って撮影することにしたんですが,スタジオが狭く,かつiPhone本体が軽いせいか,バスドラやタムの低音でしばしば画像がブレ,しかもそれにiPhone6sお得意の強力な手ブレ補正が勝手にかかって,その結果,上記のような不気味な画像が撮れたっぽい。


そうかなるほど。


いや「なるほど」じゃ困るんだよ。こんな,見つめてると酔ってしまいそうな不気味な動画じゃ,演奏以前の問題で1次審査を通らない。仮に審査を通っても多くの人の気分を悪くさせてしまう。

もう一度撮り直しか。

でもライブまではもう3週間を切ってる。早く普通の練習を進めないとアカン。動画ばっかり撮ってる場合じゃない。


ということで,あれこれ動画関連のソフトを引っ張り出して来て必死で修正を重ねましたよ。

ところが,ソフトによって扱えるファイル形式に制限があるので,出力されるファイルもmovだったりmpgだったりwmvだったりmp4だったりいろいろ。しかも下手に修正かけると,よけいに空間がぐにゃぐにゃになってしまうことがあり,大画面で見てるともう酔ってしまって吐き気がしてくる。

夜が更けてくるともう頭も混乱してきて,さっき修正かけたファイルにまた同じ修正かけてしまったり...こちらの頭の中もぐにゃぐにゃに歪んできます。やっぱ霊障だよ,これ。


苦労の末にやっと「ちょっとマシになった」程度の動画ができましたが...もうこのぐらいでカンベンしてえ,という妥協作です。いつかまた,もうちょっとしっかりした機材で撮影を試みたいと思います。

その苦労の動画は...1次審査を何とか突破したら,そちらでご覧いただきたいと思います。

※コンテストの公式サイトはこれ。まだ応募段階なので動画は見られません。


代りに今回このblogでご披露するのは,本番曲の合間におまけで撮影した"Fly Me To The Moon"です。

フランクシナトラなどの声でよく知られたスタンダード曲ですが,日本ではエヴァのエンディングテーマとしての方が有名かもしれませんね。

YASU-Qがベースで伴奏してますが,4弦ベースで伴奏っていうのは,たぶんかなり珍しいアレンジだと思います。思いつきで急に撮影したのでsin5の歌詞が間に合わず,デタラメな歌詞になってるところはどうぞご容赦下さい(汗)。




さあ,ライブはもうすぐ。オッサン達は空間がぐにゃぐにゃ歪んでも立ち止まらず進んで行きます!


次回定例ライブ
日時:平成28年7月9日(土)18時10分〜18時40分
場所:心斎橋JUZA(http://www.will-music.net/juza/
チケット:前売り1500円,当日2000円+ドリンク500円


posted by YASU-Q at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | デモ音源&動画

2015年08月31日

枚方まつりのステージ動画

先週の枚方まつりのステージ動画をYouTubeにうpしました。撮影は某ふみ嬢です。暑い中をありがとうございました!


クロスロード
クリームの名曲を神ベーシスト,ジェフ・バーリンが演奏したバージョン。YASU-Qが必死でベースソロ弾いております(笑)。


21世紀のスキッツォイドマン〜傘がない
我々の定番曲であり言わずとしれたキングクリムゾンの名曲。そして井上陽水の昔のプログレっぽい曲です。後を京阪電車が行き交ってます。


ロクサーヌ〜太陽と戦慄,パートII
ポリスの初期のヒット曲を我々お得意のフリーセッション風にアレンジしたもの。そしてまた我々の定番曲,キングクリムゾンの一つの頂点である「太陽と戦慄」のラスト曲です。

変拍子の連続する難曲ですが,後半のパートで3人がいったんバラバラになってからまた一つにまとまり,最後のフィナーレに向けて盛り上がっていく様は,まるで我々の軌跡を表現しているようです(笑)。


目の前の花壇には蝶々が舞い,後を京阪電車が走り,謎の子供が前を横切り,喫煙親父が灰皿を求めてウロウロする...なかなか長閑なライブです(笑)。しかし前述のsin5やひぐQのMCが動画に入ってないのが残念。


posted by YASU-Q at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | デモ音源&動画